キャナルシティについて

キャナルシティ博多は、1996年4月20日に開業した再開発プロジェクトで、約4万3,500平米の敷地に、ショッピングモール、映画館、劇場、アミューズメント施設、2つのホテル、ショールーム、オフィスなど、さまざまな業種業態が軒を連ねる複合施設です。

曲線的で色彩豊かな建物が並ぶ街の中央には、約180mの運河(キャナル)が流れ、ダイナミックな噴水のショーが時間の流れを知らせます。 水辺のステージでは、パフォーマーによるイベントや音楽ライブが日々開催され、常に街の中には賑わいが溢れ、誰もが楽しみ、集い、憩うことのできるエンターテイメントシティなのです。

コンセプト「都市の劇場」

キャナルシティのコンセプト・特徴

コンセプトは「都市の劇場」です。
キャナルシティという都市の主役は、建物や機能ではなく「人」。ここは、訪れた方が、あるときは出演者に、またあるときは観客になる場所です。さまざまな目的を持った人々が集い、憩い、多様なストーリーが生み出されます。
キャナルシティのコンセプト

カラー

華やかな色彩の近代的な建物というイメージのキャナルシティですが、一見カラフルに見えるカラーには日本に古来から伝わる伝統色が使われているのです。 着物などに古くから使われてきたさまざまなカラーは、訪れる人の心を和ませ、落ち着いた気持ちにしてくれます。
キャナルシティのカラー

エリア紹介

運河沿いの空間は5つのゾーンに分かれ、水の流れをつくり自然をモチーフとしたデザインから、現代的なデザインへと徐々に変化。ここを歩くことにより私たちは、自然を感じながらまるで舞台の上で次々と展開されるように、シーンの変化を楽しむことができるのです。

エリア紹介マップ

キャナル(運河)

キャナル(canal)とは英語で「運河」という意味。 施設自体のネーミングにも使用されているのは、 運河はキャナルを語る上でなくてはならないものだから。 キャナルシティは、施設の南北をゆっくりと流れる運河を中心にさまざまなビルが建っています。 ショッピングの途中には、水辺のベンチでひと休み。心安らぐ水に流れに目をむけてみてください。

シーコート(海の底)

サウスビルのそばにあり、海辺をモチーフとした、自然がいっぱいのエリア。 自然石を使った床から水の玉が飛び出します。ピョンピョンと飛び出すビー玉のような水に、子どもたちが大はしゃぎしながら遊ぶ姿が見られます。 また「知識の木」は、夏場は涼しい木陰をつくり、私たちに憩いの場を提供してくれます。

クリスタルキャニオン

オフィスビルとショッピングモールをつなぐコミュニケーションゾーン。 キャナルのメインエントランスを抜けると、渓谷をイメージした吹き抜けの空間が地下1階から4階まで続いています。

サンプラザステージ(太陽の広場)

オープンモールの外壁に囲まれた半球体の空間。 キャナルのシンボルとも言える噴水「ダンシングウォーター」、そして噴水ショーが訪れた人を楽しませてくれます。 また運河に浮かぶステージでは、パフォーマンスやライブなどさまざまばエンターテイメントが繰り広げられています。

スターコート(星の庭)

もっとも近代的な雰囲気のスターコートは、星の形をした床から噴水が吹き出します。 踊るようにリズミカルに動く噴水に、目を奪われて立ち止まるお客様も数多く、子どもたちも楽しそうに遊んでいます。 夜間は、ライトアップされた水柱が幻想的な雰囲気を醸し出し、より一層近代的な空間を作り出します。

キャナルシティの特徴

噴水ショー 10:00~22:00

10:00

17:30
ダンシングウォーター
(音楽あり)
毎時00分
ダンシングウォーター
(音楽なし)
毎時30分
18:00

22:00
キャナル
アクアパノラマ
18:00/19:00/20:00/21:00
※2/1(水)より18:30/19:30/20:30となります。
【開催時間は時期によって変更になる場合がございます。】
ダンシングウォーター
(音楽あり)
18:30/19:30/20:30/21:30/22:00

B1Fサンプラザでは、音楽に合わせて踊る噴水ショーを楽しむことができます。
さらに夜は約2,500インチ相当の施設壁面及びガラス面を活かした3Dプロジェクションマッピングと、ウォータースクリーン、コンサートホール並の音響、さらに照明演出が加わったまさに、日本最大級の総合エンターテイメントをお楽しみいただけます。
※ライブイベントや天候、点検・故障により上演中止となる場合がございます。予めご了承下さい。

ダンシングウォーター

季節の装飾

クリスマスシーズンのロマンティックな演出や、誕生祭(4月)からゴールデンウィークにかけての賑やかな装飾、そして博多の風物詩、博多祇園山笠の飾り山など、季節やイベントにあわせて、さまざまな装飾やイルミネーションで表情を変えるのも、この街の特徴です。
季節の装飾

ステージイベント

地下1階のサンプラザステージでは、毎日のように楽しいイベントが開催されています。 世界各国からやってきたパフォーマーのショーや音楽ライブなど、楽しみがいっぱいです。

B1F サンプラザステージ

ステージイベント

似顔絵

運河沿いにある似顔絵ショップでは、似顔絵師たちがそれぞれのタッチで個性的な似顔絵を描きます。 キャナルに来た思い出や大切な記念日などにいかがですか。 その場で描いてもらうことも写真から描くこともできるので、遠方の方へのプレゼントにも最適です。

※似顔絵師はシフト制になりますので、それぞれの出店日時を確認したい場合は事前にお問い合わせください。 ※似顔絵ショップは天気やイベントにより、場所が移動になる場合がございます。予めご了承ください。

似顔絵

カートショップ

同じく運河沿いに立ち並ぶカートショップは、見ているだけでも楽しいおもちゃ箱のよう。歩いているとついつい立ち寄りたくなる、おもしろいものやかわいいものがいっぱいです。

※カートショップは天気やイベントにより、場所が移動になる場合がございます。予めご了承ください。

似顔絵

パブリックアート

Fuku/Luck,Fuku=Luck,Matrix

ビデオアートという芸術ジャンルを確立した世界的アーティスト、ナムジュン・パイクの作品がアトリウムであるクリスタルキャニオン南側のガラス壁面に設置されています。 縦10台、横18台、合計180台ものテレビモニターが整然と並び、高尚なイメージから通俗的なイメージまた西洋的文脈やアジア的風景など、パイクが抽出した多彩なイメージの断片がめまぐるしく画面上を錯綜し、さながら情報のカオスのようです。タイトルは「Fuku/Luck,Fuku=Luck,Matrix」。パイクの作品としては日本最大級の作品です。

パブリックアート

ナムジュン・パイクプロフィール

1932年、韓国生まれ。東京大学文学部美学/美術史学科で音楽美学を専攻。現代音楽を学ぶためにドイツで、前衛的な芸術活動を展開するようになりながら、アメリカに渡ってニューヨークなどを中心に活躍。95年には福岡アジア文化賞芸術/文化賞を受賞するなど福岡とも深い縁がある。2006年1月29日、73歳で他界。

世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う

チームラボ, 2013, インタラクティブデジタルワーク, ∞ (9:16 x 8), 音楽: 高橋英明

デジタルアート

近世日本の画家の一人、伊藤若冲(1716-1800)の作品「鳥獣花木図屏風」や「樹花鳥獣図屏風」をモチーフにしたインタラクティブなデジタルアート作品です。

この作品は、2013年にチームラボが鑑賞者自身が、作品の一部となる作品として制作しました。
FHD(フルハイビジョン)の8倍の解像度で鮮やかに輝く色彩で映し出される作品を、ぜひご鑑賞ください。

場所:サウスビル1F
時間:9:30~21:30

[伊藤若冲 (1716-1800)]

近世日本の画家の一人。江戸時代中期の京都にて活躍した絵師。若冲は、升目画などと呼ばれる、画面全体を数万もの升の形に区切って升目ごとに彩色する、特異な表現方法を残している。

[チームラボ / teamLab]

猪子寿之氏を代表とする、エンジニア、デザイナー、建築家、CGアニメーター、数学者など様々なスペシャリストが集まる「ウルトラテクノロジスト集団」。

●チームラボ オフィシャルサイト/http://www.team-lab.com/

ラッキーフロッグ

博多駅前通りに面したキャナルシティ博多のイーストビルでは、台湾人アーティスト Hung Yi(ハン・イー)による『ラッキーフロッグ』がお客様をお迎えします。一目見ると笑顔がこぼれる、愛嬌のある『ラッキーフロッグ』がいる風景は、キャナルシティ博多のハッピースポットです。

ラッキーフロッグ